カードローン審査では在籍確認が行われます

カードローン審査はカードローンを利用するという場合において避けては通れないものです。
その個人に対してお金を貸し付けても問題ないかどうかということをチェックしなくては業者も安心して融資をすることができないからです。
さて、審査の際にチェックされる項目は数多くありますが、その可否については人によって判断が異なるものです。
例えば収入に関しては何万円以上あれば良いというようなことはありませんし、またその他の情報に関しても「これ以上であれば絶対大丈夫」ということは言えないのです。
ですがそうした中でも数少ない「必ず満たさなくてはならない条件」もあります。
その代表格となっているのが在籍確認です。
在籍確認とはカードローン審査の際に伝えた勤め先に対して本当に在籍しているかどうかということを確認するための手続きのことであり、カードローンに限らずキャッシングやクレジットカードでも行われることです。
この手続きが何らかの理由でクリアできなかったというようなことになるとカードローン業者は「勤め先の確認が取れない」として判断をし、勤め先の判断が取れないということは収入が本当にあるかどうか確証が得られないということになります。
こうした事情があるため、カードローン審査の際には在籍確認が行われることになっているのです。
関連記事:即日融資のカードローン

在籍確認はどうやって行われるのか

では具体的にカードローン審査において在籍確認がどういった方法で行われるのかというと、これはほとんどの場合「職場に直接電話をする」という方法で行われることになります。
もちろん勤め先に対して「カードローンの審査です」といきなり言うことは無く、電話はオペレーターの個人名で行われます。
電話が繋がった時点で職場が実在することの確認が行われ、次いでカードローン審査を申し込んだ人の名前を出して取り次ぎをしてほしいと伝えます。
そこで自分が職場にいて、電話を取り次ぐことが出来たのであればカードローン審査を申し込んだ本人であることに間違いがないかどうか生年月日や住所などを再確認し、それで間違いがなければ在籍確認が完了したということになります。
ただ実際に本人に取り次いでもらえなかったとしても、同じ氏名の人が在籍しているということが分かった段階で在籍確認が出来たとして処理するケースもありますので、必ずしも職場に常に残っていなくてはならないわけでもありません。
またこうした方法だと「職場にばれるのでは」と心配をする人もいますが、先ほど述べたようにクレジットカードなどでもこの確認は行われますから、そこまで心配する必要はないでしょう。

在籍確認ができない時はどうすれば良い?

ですがカードローン審査を申し込む人全てが在籍確認ができる職場に勤めているわけではありません。
たとえば勤め先に何らかの事情によって電話が無い、個人情報保護の目的のため社員の在籍状況について伝えないというようになっていると、確認が出来なくなってしまうでしょう。
この場合は電話では無く給与明細や健康保険証、また社員証などでの確認で代用できることがあります。
事前に在籍確認ができないことが明らかであるというような場合であれば、カードローン審査を申し込んだ段階で伝えておくと代替手段を提案してもらえることになるでしょう。
しかしこれはあくまでも代替手段にしかすぎません。
そのため自分から「確認ができないので別の方法でお願いします」と言ったとしても。本来のカードローン審査では職場へ連絡をすることで確認を取るのが基本となっているのですから、業者によっては実際に在籍確認をしてみて、それで出来なければ代替手段を取るという判断を出すこともあります。
給与明細が無い、健康保険証が無いなどの状態はほぼあり得ないことではあるのですが、万が一電話での確認もできず、書類も用意できないようであれば担当者に直接確認をしてみてください。

在籍確認をごまかしてはいけません

さて、しかし時折見られるのが「在籍確認を誤魔化す」という人です。
最初から他人の名義で申し込みをしておいて、そして確認の際も口裏を合わせて審査を乗り越えようとするというような人がごくたまに見られるのですが、こうしたことは絶対にしてはいけません。
また別の何らかの手段で、自分が在籍していない企業の名前を出して審査を受けるということも厳禁です。
ここまでで述べてきたように在籍確認はカードローン審査を受ける人全てに対して行われる物です。
そこで勝手に個人の事情を持ち出して不正な手段で審査をクリアするということは認められません。
万が一それで利用が出来たとしても、そこでカードローン業者に対して損害を与えてしまえば詐欺罪として訴えられてしまうこともあり得ます。
そして詐欺罪になった場合にはその本人のみではなく加担していたと判断される人に対しても処罰が下される可能性があるわけですから、友人や知人に迷惑をかけないためにもそうしたことはしてはいけません。
これは勤め先以外の情報でも同じことが言えるのですが、カードローン審査の際には正々堂々と自分の情報を伝え、底で情報を偽るというようなことはしないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加